カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2012年2月26日日曜日

??マヨの質問コーナー??  <横田>


2月26日(日)
プロジェクトメンバーでありながらも、わからないことだらけの私。
  そのときどきに浮かぶ疑問をメンバーへ投げかけてみました。

質)シルクプロジェクトはGHS(グローバルハートスペース)の自立支援協力事業のひとつであるということでよいのか?

  答)今考えられるのは、まずは、村の安定収入のための仕事創出のお手伝いです。そして、日本のみなさんにも状況を説明して協力していただくことです。
(真の目的は、GHSが紹介し、来年にむけて村の仕事創出の継続支援を一緒に協力してくださる方を、ショールを通じて探したいということ)
また、さまざまな協働ワークでの活躍も考えられますが、ツールとしてショールを使い、交流や協働を深めることを目的としていても、同時に、これをツールにすることで人道支援に役立つ、ということで、ショール自体は人道支援の一環です。

質)HOC、STとの関わりをどう皆さんに説明したらいいでしょう?

答)参画NPO、NGOのご紹介ページをごらんください。