カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2012年11月27日火曜日

シルク村訪問 その3   <横田>

村の織手さんへの質問について、いくつかご紹介します。

Q:支援を始める前と、現在との大きな違いはなんですか?

A:支援がなかったころは染めの薬等なんでもよかったし、織り方等も厳しさがまったくなかった。支援が始まってからは何でも厳しくなった。始まる前は頑張ろうと思う気持ちがなかったが、今は頑張ろうという気持ちがある。



Q:生活はどのように変化しましたか?
A:生活は前よりずっと良くなった。織の仕事がないころはお米を作ってそれを売って生活にあてていた。今はシルクを織ったお金で生活できるので、お米を売ったお金は少しずつ貯金し、家をきれいに直したりできるようになった。織物の注文が止まったときは、心配だった。

Q:支援物資で役にたつものはありますか?
A:今回持参の支援物資は、全部うれしい。特に、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉がありがたい。

Q:持参した物資(ヌードルと干し魚)のレシートを見て頂いて、村での価格と比較してもらった。
A:村より、持参した物資の価格のほう大変安い。村のものは、市場から買って運んで売っているので高い。

私は、村の支援をGHJ(グローバル・ハーモニー・ジャパン)
http://www.cealo-ngo.org/が開始された当時を全く知らないので、村の変化というものも人づてに聞いただけだが、織手さんのお話をお聞きすると、自分たちの仕事に自信を持って、厳しいけれどそれに対応できるようになったことで喜びを感じて働いておられる様子を感じることができ、これはすごい進歩なのではないかと思いました。
GHJ、Shien Tokyoさんhttp://shientokyo.org/が、どれだけ心をかけてこちらの村を支援されてきたのかということも伝わってきました。また、自分は本当に支援が出来上がってきている状況で、参加させていただいているんだということも実感しました。

そして、織手さんの様子を見せていただいて私が感じたことは、村は支援先というより、協働をする仲間という感覚の方がしっくりくるということでした。織手さんのご自宅はとてもきれいに整理整頓され、みなさんの様子も穏やかで明るい雰囲気でした。
ここまでくるのには、GHJやShien Tokyoさんの継続した根気強い指導や、支援があり、それに対して、織手さんも一生懸命努力されたからこその今なのだと思います。

今後更にGHSと織手さんの自立協力、協働をしていくために何が必要なのかをじっくりと考えていくことが必要だと感じました。

最後になりましたが、本当に約1時間程の短い滞在でしたが、やはり行動を起こして現場へ足を運ぶと大きな収穫が得られるということを痛感しました。自分の目で見て、感じて、考える、これは何にも変えられない貴重な体験であり、今後の活動に必ず生きてくると、いえいえ、生かしていくことを実践していきます。

<番外編>
今回のカンボジア訪問準備には、広島わんはあとのメンバーの多大なる協力がありました。いつもこうした仲間の協力があって、成り立っているSLPです。
新作デザイン企画を練る
支援物資の準備に子連れで参加



以上、シルク村訪問レポートでした。