カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2013年10月25日金曜日

SLP広島発 新作草木染ショールぞくぞく誕生♪♪ <横田>

今回のシルクワーク日は結構な雨降りの中、5名の参加で草木染を行いました。
染用のショールを仲間と一緒にオリジナルな作品に仕上げて、みなさまへご紹介したいと思いつつ、なかなか染の機会を作ることができていなかった最近でしたが、カンボジア経由のレモングラスが手元に届いたので、これを利用した
草木染をすることに決定♪
レモングラスは短めにカットしてネットにいれて準備♪


レモングラスの色はとても淡いレモン色なので、一度染めだとあまり色の変化がわからないため4~5回位重ね染をしました。
レモングラスのみで染めたもの

今回は仲間の協力により材料として蘇芳(スオウ)の提供をいただきこちらにも挑戦しました!蘇芳は淡いピンク色で女性の大好きなカラーです。

蘇芳染です!
蘇芳のピンクとレモングラスのレモン色をグラデーション染で挑戦してみようということになり、わくわくしながらとりかかります。
今回の染工房は我が家のキッチン♪

蘇芳、レモングラスとも重ね染をしながらすすめていくと。。。

  とってもきれいな淡いカラーのコンビネーションで仲間同士で自画自賛!
早くみなさんにご紹介したいです♪

染をしているメンバー以外は、シルクのお手入れ仕事をしております。地道な仕事ですが、これをすると作品がぐっと輝いてきます。
地道にアイロン、アイロン。。。
カンボジアで手織りされたシルクショールが仲間の力で日本に届けられます。カンボジアで日本の仲間が暑い中、一生懸命レモングラスを刈り取り、天日干しをしてくれます。そしてまた仲間の手で日本に届けられ日本では、仲間の手で草木染をする。どれだけの仲間の手が心がこめられているのでしょう。。
この流れを味わうだけですごく幸せな気分になり、心あたたくなり、この思いをみなさんに伝えたくてたまらなくなります(笑)

各地のプログラムでお目にかかることができたら、是非手にとってみてくださいませ。直近でのご紹介の機会は、福山拠点で開催予定のミャンマー縫製プロジェクトのイベント「ロンジーセミオーダー会」です。
http://cealo-ngo.org/event/10kanshasai/semiorder.pdf
ピーンと来た方は、是非是非ご参加くださいね♪♪お待ちしておりまーす^^