カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2013年2月28日木曜日

続き(草木染セミナー&活動報告&交流会)<横田>

つづきです。

これは、注意散漫だった私の作品です。制作過程は、問題ありでしたが、終わりよければすべてよしということで、、、先生にもお褒めのお言葉をいただきました。(ちょっとドヤ顔)

セミナー終了後、こちらのカフェコーナーでランチをいただきました。
参加者の方の滞在時間が限られていたため、ランチ終了後は早々に活動報告をさせていただくことにしました。

午後よりうれしいことに、昨日カンボジアから帰国されたばかりのわんはあとメンバー&GHS会員でもある峠さんに参加協力いただきました。これは、もう帰国後ホヤホヤのホットなカンボジア滞在体験談を聞くことができる絶好のチャンスだと協力要請したところ、快諾で元気いっぱいに登場してくださいました。

カンボジアのお土産、カンボジアのレモングラスティーを頂きながら、あつ~いカンボジア体験談をしっかり聞かせていただくことができ、とても楽しいひとときを過ごすことができました。
特に彼女の話で印象に残ったことが、協働体験の楽しさについてでした。
今後、福山にも拠点ができたので、自然ならではの協働企画をどんどんみんなでアイデア出し合って、みんなの喜びを感じられる、体験できる場所になっていけばいいと、話はどんどん膨らんでいきました。

ショールでつながったご縁で、4月にはまた新しい場所で活動紹介ができそうです。
草木染も次回は自分たちで材料を見つけるところから始めたり、今ある在庫のショールをグラデーションに染めていこう!などと、わくわくする予定がどんどん膨らんできました。

また、わくわく体験をご報告できると思いま~す。お楽しみにーーー!!

草木染セミナー&活動報告&交流会<by 横田>

ご無沙汰しております。本日で2月も最終日。時の流れは早いものですね~。

さて、本日は昨年に引き続き、『みんなのわが家』さんのスペースでセミナー&活動報告&交流会をGHS主催で開催しました。
会場となる『みんなのわが家』では、玄関を入ると

カラフルなバルーンでお雛様が飾ってあり、私達を明るく迎えてくれました♪季節折々のディスプレイが施されており、あたたかな雰囲気をいつも感じる場所です。
今回は、前回使用したスペースがカフェ専用のスペースとなったため、和室を会場として利用させていただきました。

実は、一緒に開催するいつものスタッフ仲間である、おらさんがご家庭の事情で急遽欠席となり、本日はやむなくわたくし一人での参加となりました。前回よりは、少々こじんまりした感もありますが
自分ひとりでできる範囲でていねいに準備を行うことに予定変更しました。

このたびの草木染セミナーは、私もやりたかったグラデーション染めに挑戦です。
材料はコチニール(カイガラムシ)でピンクや紫系のカラーを希望しました。
焙煎は本人の希望による鉄とアルミです。参加者は4名だったのですが,全員縦ラインにグラデーションが出るタイプを希望しました。シルクを横から少しずつ折りたたんでいき、それをつまんで、薄い液から順番に染めこんでいきます。色の濃さは3段階用意されていたので、順番に2から3回りして
焙煎液に漬け込み、水洗いして仕上げます。
漬け込み液が周りに結構飛び散りますので要注意!
同じ液に入れて同じように染めこんでいっても、みんなそれぞれオンリーワンの素敵な仕上がりになり、自画自賛の嵐でした(笑)
きれいでしょ?笑顔もショールも・・・

つぎへ続く。。。