カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2013年9月21日土曜日

SLP広島の活動♪  <横田>

マヨです。こんにちは。
日中の暑さもさわやかさを感じられるようになってきましたね~。
朝晩の涼しさも、秋の気配。。日本の四季って本当に素晴らしいですね。

さて、今週もシルクワークを行いました。
新作ショールがSLP広島に戻ってまいりましたので、各地のプログラムでのご紹介準備に
シルクのお手入れ仕事が始まりました。
心をこめて、もみ加工中!

こうして地道に手をかけ、心をかけて行うプロセスが本当にとても大切だということをよく理解して
お仕事をするメンバーですから、カンボジアシルク村の方々の作品がさらに輝きをましていくのだと
自負しております(笑)

また今回は、メンバーの一人が自宅で虹色の草木染に挑戦していて、その処女作をお披露目してくれました。練習用だから、ご自身の自前のショールでトライされたのですが、
いかかでしょうか~??きれいですね。。。。

まだ、完璧の仕上がりとまではいかないそうなので、これからも試作練習に励まれるとのこと。
レインボーカラーでなくとも、いろいろなカラーのグラデーションにもトライしてみようと盛り上がっている広島SLPチームなのであります。