カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2014年3月15日土曜日

福山展示会のご案内 <森田>

4月6日
福山にて展示会を開催しますが、シルクプロジェクトでは、
同日、福山にて藍の種まきをします。

展示会の案内チラシをこちらにも添付しておきます。

福山展示会のご案内

カンボジアのシルクショール
福山展示会では、広島やカンボジアで草木染めした美しいショールたちも展示します。

レモングラスと蘇芳の2色染め
こちらは1年かけてみなさんと共に手染めしてきたショールを並べてみました。
下からマンゴスチン・レモングラス(生葉)・コチニール・茜・蘇芳・レモングラス(乾燥葉)

撮影されたシルクワークのメンバー富士子さんのショール目線がまた愛いっぱいですね!

こうやってショールを並べてみていると、本当に美しくて・・・
眺めているだけで、幸せ感があふれてきました。
ショールにみなさんの心がつまっているからなのかな~

カンボジアで織ったものを日本に持ち帰り、
染めて、洗ってしわ加工して、最後にアイロンで仕上げてあります。

カンボジアに行かせていただき、村の方やプリンセスの真摯な姿に感動し、そのショールを引き継いで、日本の仲間たちが、このようにコツコツとショールを染めている姿を眺めていると、人々が一生懸命に何かをする姿は本当に美しいと思います。

そんなみなさんの姿勢や、小さなご縁からの関わりや、なんだか全てが素敵で、内からにじみでるような感動を味わっています。

一人ひとりは決して大きなことをしているわけではなくて、また一つひとつは小さな行動なのですが、なんだかそういうことが全てつながっていく。

GHSの仕事、私たちの役割は、このようにそれぞれの場所で頑張っている方たちの橋渡しだけなのだと思います。
時にはバタバタ、ヒィヒィなりながら、いったい何をやっているのだろうと、正直思うところもありますが、こうやってかかわらせていただくことが、ただただありがたい。
そう思えるのです。

本当に素敵なショールです。
どうぞ手にとってみてやってください!!

2014年3月13日木曜日

シルクプロジェクトより~「草木染★1年かけて楽しもう!!」計画のお誘い <横 田>

本日の広島染工房地域のお天気はあいにくの雨模様。。。そんな中今日は、いつもシルクワークに参加している仲間の友人(な…なんとメンズさま)が、草木染にご興味をおもちで、染ワークに初参加されました。
二種類の材料をうまく利用してあれこれとチャレンジされました!
今回の材料は、仲間が持参してくれた蘇芳とカンボジアレモングラスをアルミ媒染と鉄媒染でいろいろと工夫して染めてみました。
春にぴったりカラーに仕上がりそう!



毎週1回、限られた時間内で染められる枚数は限られていますが、コツコツと回数を重ねていくと
こ~んなふうに、色とりどりの草木染シリーズが完成していきます。
カンボジアの手織りシルクショール、草木染の材料一つ一つにも、エピソードがいろいろとあり、愛着深い作品となっております。どこかで、このシルクショールと出会えた方は、その色艶、肌触りなどを体感してみてくださいね♪とっても癒されますよ~!!

★ここで耳より情報★

昨年よりSLPが妄想しておりました、草木染を1年かけて楽しもう!の計画がやっと始動の時を迎える事となります。
藍を植えて、育て、収穫して、草木染をしよう!という流れです♪自然がたっぷりの福山の畑で一緒に藍を育てて、草木染体験しませんか~?ご参加ぜひお待ちしておりまーーす!!

福山の拠点(グローバルハートスペース福山)で、藍の種まきを4月6日(日)に行います。
4月6日(日)には、福山で、同じカンボジアシルク村の支援活動をされているNPO法人Shien Tokyoさんとコラボ企画でイベントを行うことになっております。
「手作り作品 展示会」 DVD(カンボジア・伝統のクメール織り)上映会や活動紹介、参加者によるミニファッションショーなどを開催予定です。

★お問合せ・お申込み★

ハートスペース福山 担当:片山(くま)森田(オラ)
〒720-0411 広島県福山市熊野町508 TEL(084)959-1736
Email:fukuyama@global-hs.org