カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2014年3月28日金曜日

今度はブルーベリー染!! <横田>

今週の染工房は、「ブルーベリー」染に挑戦です!
ネットで冷凍ブルーベリー染のサイトを発見し、これは身近ですぐに手にはいり、きれいな色に染まりそうな予感!さっそく実行!

フルーツ染めは、アントシアンという色素を酢水で取り出して、火を使わずに染めることができるそうで、初挑戦大好きプロジェクトメンバーはワクワクと染にとりかかります。

ブルーベリーと水と食酢をミキサーにかけ、染液をつくります

布でこして染液をしぼりだします!
淡い紫色できれいだね~♪

フルーツ染めは指先に色がそんなにつかないわ~とオラ隊員























しぼりだされた色はわりとうすめの赤紫色。実際に染めてみると、あらまー、これはあのマンゴースチンのときと一緒で、あまり色がつかないじゃーあーりませんか!   

そして、サイトをよく見ると、染液の中に1時間くらいは、つけておくとのこと。。。
1時間漬け込むとそれなりの色に染まってきました♪


草木染の魅力って、自然の恵みを頂き、それを活かし、自分達が想像できない仕上がりにつながっていくことが楽しいのかなぁと思います。
   染が完了したら、陰干しをして、また手もみでシルクを柔らかくお手入れ、そして、最後にアイロン仕上げです。

カンボジアのシルク村の織手さんたちも、
ひと織ひと織ですが、日本の仲間もひとつひとつの手作業です。

こうして、心のこもったシルクショールが
また、みなさんの心のつながり、心の平和のツールとしてあちこちにお嫁にもらっていただけますように♪
ブルーベリー染完成♪