カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2014年4月10日木曜日

シルクのモミモミ加工 <森田>

本日のシルクワークは、久々のモミモミ加工でした。


今日もみ加工したのは、2月にカンボジアから持ち帰ったショールで、
セブンDAY’Sカラーです。
月曜日から日曜日まで7色、カンボジアでは自分の生まれ曜日のカラーがあるそうですよ。

自分の生まれた曜日のカラーを身につけると、
本来の自分に戻れるような気がします!

今日揉み加工したショールは、4月後半の展示会からお目見えします。
どうぞお楽しみに!

染めや、縫い物も楽しいけれど、このシルクをモミモミして しわをつけるだけの単純仕事が
私は好きです。
針仕事ではないので、老眼の目に優しい仕事です(笑)


シルクショールを柔軟剤に軽く浸して、
そして揉み、干して乾かしたあとで、さらに揉み、
最後にアイロンを軽くあてて終了です。

本当に単純な仕事です。

しか~~し、このただ『揉む』という仕事を侮ってはいけません。

いい加減にやっていると、それはシルクにそのまま反映されるのです!!!
シワの出方にもその人なりがあらわれる?!
そうなのです!!

ヒジョーに単純でありながら、奥深い手仕事でございます。
心をこめてモミモミしたシルクショールは、小さなちりめんじわが付き、本当に柔らかく、
首にさらっと巻けてすぐになじむ、ソフトでカジュアルなショールに変身するのです。

展示した時には、不思議なことに、そのままのショールよりも、
この揉み加工をしたショールの方を、皆さん手にとってくださるのです。


心をこめて、こすらずに、ひたすらモミモミするのがコツですよ。

シルクデーは広島市内で、週一回、木曜日か火曜日にやっています。

手と時間のある方、どうぞご参加ください。





久々のシルクお手入れワーク <横田>

このところ、毎回草木染にトライしておりました広島シルクチームですが、本日は久しぶりにシルクのお嫁入り前準備のお手入れ仕事に取り組みました♪

今回は、新しいメンバーが参加され、シルクのお手入れ初挑戦です。

メンバーは、手慣れた手つきで、チャッチャと。。しかし心はこめて、、口も動くという技で次々と柔らかなシルクショールを仕上げていきます!

シルクに関わって丸2年以上、今年で3年目になり、新しい企画をどんどん広げていくという妄想もありますが、こうした日々の地道な手仕事がとても大切で、こういった機会があることで、仲間とのつながりも深まっていくんだなぁと感じております。

広島だけではなく、これから、全国のあちこちでこうした輪が広がっていくことに貢献していきたいプロジェクト隊員なのでした。


2014年4月6日日曜日

★草木染★1年かけて楽しもう計画!活動開始!! <横田>

本日、GHSの福山拠点(HSF)にて、Shien Tokyoさんとのコラボ企画展示会が開催されました。
GHSブログ →http://ghshumanity.blogspot.jp/

そして、シルクプロジェクト隊の本年度の計画のひとつである、1年かけて草木染を楽しもうの
活動を始動させました!!
展示会の合間に、参加されているメンバーで、草木染の材料となる藍の種まきをくまさん主導の元、準備をすすめていきます。
手慣れた準備のくま先生!

ポットの中には種を入れる小さな穴をあけ、その中にお手元眼鏡をかけなきゃ、見えないくらい、小さな種を1穴に3粒ずつ位入れていきます

岡山や姫路からも仲間がHSFに集まってきました!
くまさんのわか~い友人も飛び入り参加♪

藍のきれいなブルーは、仲間の間でも好評のカラーです。藍が元気に育ってくれることを楽しみに、そしてまた、この福山で、仲間と共に、シルクショールの草木染体験をして、カンボジアショールに想いを馳せながら、心の交流ができることをワクワクしながら待つことにしましょう!

藍の観察記録も、きっと福山ブログで報告があると思いますので、時々チェックしてみてくださいね♪
 ◎ハートスペース福山だより◎
http://heartspacefukuyama.blogspot.jp/2014/04/blog-post.html



大きくなぁれ♪願いをこめて。。。byアマンダsatomi