カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2014年10月2日木曜日

アイロンかけます。アイロンかけます。 <横田>

週に1度のシルクワークディ。本日も、時間を作って仲間がご奉仕にせっせと足を運んでくれます。
ここ最近は、草木染とフンパン制作に時間を費やしておりましたが、お手入れ仕事が滞っておりましたので、今日は、シルクのお手入れDayとして、草木染したものや、モミ加工したシルクへのアイロンがけをメインに行いました。

アイロン持参でやってきた仲間たちは、ひたすら、アイロンかけを・・・(笑)
カンボジアから持ち帰った新作シルクも見てもらいながら、次期新作デザイン案募集や、在庫ショールのお嫁入り先アイディアなどの相談をしながら、あれこれと口と手を動かしの時間を過ごしました。みんなとても熱心にこのシルクプロジェクトに関わる仲間たちなので、一人では限られたことしかできない活動も、より大きく広がり、たくさんの方々とつながっていけることが、この活動の魅力だと思いま~す♪
茜蘇芳のブレンド、ローズマリーの草木染作品


2014年10月1日水曜日

あちこちから嬉しい連絡♪ <森田>

今日は石川より「ふんパン2枚完成!」との嬉しいお知らせが届きました。

現在、石川常駐のGHSスタッフが、スリランカへ出張中のため、
石川在住の仲間 一美さん、ムキンさんたちが、通いで拠点の仕事のサポートにきてくれています。

そんなあわただしい中ですが、お二人でシルクのふんどしパンツの縫製を頑張っていただきました。

ラインで完成品の写真が届きました!
広島の縫製チームメンバーのタオゲールさんからも、
先日染めたばかりのシルクをさっそく縫って、
これまたさっそくお友達にご紹介してたくさん協力いただいたと
うれしい報告をいただきました!!

石川、広島と、それぞれで仲間たちが一生懸命動いてくださっていること。
同時にあちこちから、そんなうれしい報告を受けて、
と~~っても幸せな気持ちになりました。

またスリランカでは、ちょうど今、仲間たちが日本から持参した車椅子を病院に届けに行っているところです。

やっていることは違っているし、場所もあちこちと、同時多発の状況ですが
同じ方向を向いて、それぞれが頑張っているんだ~~と思うと、
力がわいてきます。

嬉しい報告ありがとうございました!!