カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2015年3月4日水曜日

ふんパン製作<森田>

本日はシルクワークDAYです。
4名の参加でふんパン作りをしました。

このところは、シルクを内側に、さらしの草木染めをしたものを外側に使ったリバーシブルでの製作が多いのですが、なかなかしっかりとしていて好評です。



本日は、私の物が1枚できあがりました!!

私は、先月ミャンマー訪問時にふんパンを持参しましたが、洗濯(手洗い)が簡単で、とても早く乾くし、荷物としてもかさばらず、とても重宝しました。
暑い国でも通気性がよく、使用感もばっちりです。
2枚しか持参してなかったのですが、毎日洗っては使いを繰り返し、
こればかりを使うことになりました。

今後も大事につかわせていただきます。

また、他社製品も試しに購入してみたものが、小ぶりながらも使用感がいいとのことで、
その大きさでも試しに作ってみることにしました。
今のものよりはかなり小さくなりますが、各自の好みも違うので、
試行錯誤しながら、よりよいものを作っていこうと思います。