カンボジアで手織りでシルクを生産している村の支援活動に参画させて頂くことになりました。            
人の手、人の心、やさしさに触れて、感じた幸せ感を、日本のみなさんと分かち合いたいと思います。       
手作りの支援活動、手作りのシルクショール、手作りのご紹介…、全てがゆっくりと地道ですが、
一つ一つ、一人ひとりがゆっくりと、しっかりとつながっていくことを願い、私たちも地道に歩みます。
<NPO法人グローバルハートスペース/シルク村支援協力プロジェクト>

2016年3月4日金曜日

地道+継続のシルクワーク <横田>

みなさま、、随分とご無沙汰しております。平成28年度も3月に入りやっと今年初めての投稿となりました。今年もよろしくお願いいたします。

ここ広島で行っているシルクワークのメンバーは全員主婦です。仕事を持ちながら、子育て真っ最中と、みんなそれぞれ違った環境ですが、ご奉仕大好きが共通点のメンバーです!

1歳未満から母とご奉仕参加(笑)
好きなご奉仕だけにたくさんの時間を費やすことは、ちょいと難しい状況。。
しかし、誰かしらが、「集まろう!作ろうよ!やろうよ!」と声を挙げると、隙間時間でそれぞれが、都合をつけて、少人数でも集まることのできるグループです。

一人でもできるご奉仕もありますが、やはり仲間と共に取り組むと、知恵も力もアップしますから、
ご奉仕の幅もぐっと広がります♪

今日は、今年初めてのシルクワークで、人気の手作り作品「シルクのふんどしパンツ」つくりを
しました。ショールもよいですが、このパンツ、身に着けてくださった方の中には、「もうこれしか履けません。」と言ってくださるリピーターもおり、私たちの励みにもなる、一押し手作り作品です!!

年末年始には、主婦ばかりのメンバーですから、家庭や仕事が忙しくなかなか集まる機会がもてませんが、また落ち着くとこうして集まり、地道に作品作りやシルクショールのお手入れなどを継続しています。

シルクプロジェクトが立ち上がって、もう4年、、今年で5年目となります。自分ひとりだとこれだけのことが続けてこられたか??
やはり仲間の存在が大きな継続の力となっていることは、まちがいないですねーー♪

今日もしみじみ、自分自身の奉仕の原点はここから始まっているということを改めて感じることが
できました。

午前中だけの短時間ではありましたが、3名のメンバーで3枚の作品を仕上げることができ、ご紹介の機会に備えることができました。
草木染(茜)のきれいなシルクで作りました!

これから暖かな季節にぴったり、身に着けていることを忘れるくらい、ゆるやかに身体にフィットしてくれるこちらのふんどしパンツ、ご要望がありましたら、ご予約を受け付けておりますので、ぜひご連絡をくださいませ。少々お時間を頂くこともありますが、必ずお手元にお届けさせて頂きます。

また、針仕事がお好きな方、何かやってみたいと思われる方も私たちと一緒に身近なご奉仕活動をしてみませんか?ご連絡お待ちしておりまーーす!

ご連絡先:uketuke2@global-hs.org (GHS受付窓口) 横田、森田